観光活性化のために

観光に必要なWi-Fi

観光時の意外な落とし穴

観光は人生の楽しみです。見知らぬ土地で、見たことのないものを見て、食べたことのないものを食べることは、たいへん刺激的です。以前なら、そんな不案内な場所を旅するときには、分厚いガイドブックや案内人が必要不可欠でした。しかし、今は必ずしもそうではありません。スマートフォンという、心強い味方がいるからです。ただし、ひとつだけ問題点があります。通信量が上限に達した場合、速度制限や料金の増大を招いてしまうことです。そこで、観光地などに設置されているWi-Fiなどを上手に活用して、通信量の節約を心掛けていきましょう。

Wi-Fiの整備が大きな課題

町おこしのために、観光客を呼びこもうと数多くの地方自治体が色々な工夫を凝らしています。成功する地域も多いですが、いまいち投資した割に成果が出ていない地方もあります。その明暗を分ける原因は色々とありますが、競争に負ける自治体はいわゆるWi-Fiの整備が遅れている問題点が見られます。最近の観光客はスマートフォンやタブレットを持って現地の情報を調べます。名所周辺にWi-Fiスポット、それも無料のインフラが無いと、気まぐれな旅行者はすぐに別の便利な地域へと去って行きます。特に最近では外国からの旅行者も増えており、彼らはスマートフォンをガイドブック代わりにしますので、無線のインフラが無い事は大きなハンディキャップとなります。

↑PAGE TOP

Copyright © 観光に必要なWi-Fi All rights reserved